NEWS
2018.01.22
GRACE

KPG RIVER CRUISE 8隻目となる「GRACE Ⅱ」が就航いたします

カトープレジャーグループ(本社:大阪市天王寺区 代表取締役 加藤 友康)は、GRACEブランドとしては4隻目、KPG RIVER CRUISE事業としては8隻目となる「GRACE Ⅱ(グレースツー)」を2018年3月23日に就航いたします。
2014年4月に運営を開始して以来、約4年間で8隻目となる新船「GRACE Ⅱ」を就航いたします。大阪は、水運に支えられて経済と文化の中心的都市として発展し、明治時代の頃には“水の都”と呼ばれていました。21世紀以降の大阪では、行政が中心となり、水辺のシンボル空間や船着場の整備、橋梁のライトアップなど、水都大阪の再生に向けたプロジェクトが進められてきました。当社では、水都大阪の再生、発展に寄与する為、2013年から「中之島にぎわいの森づくり」プロジェクト、2017年には「水辺のまちあそび」プロジェクトに参画させていただきました。そして、各プロジェクトと連動することにより、リバークルーズ事業を拡大し、短期間で8隻もの船舶を就航する運びとなりました。
2017年には、当社のリバークルーズ事業を統合したブランド「KPG RIVER CRUISE」を発足いたしました。KPG RIVER CRUISEでは、これまでの経験と実績を生かし、船上における新たな業態の開発、そして水上・水辺におけるさらなるにぎわいの創出を目指してまいります。

 

GRACE Ⅱでは、橋桁が低い大阪の川に合わせて極限まで高さを抑えて造り上げた船体により、これまで一般的な航路として利用としていた、若松浜公園船着場から大川を上っていく航路だけでなく、大阪湾に向けて川を下っていく、ライトアップされた街並からシーサイドまでを巡るナイトクルーズの航路の開拓を進めてまいります。新しい試みとして、大阪のリバークルーズ市場のさらなる拡大が期待できます。

 

GRACE Ⅱは、“エレガントクルーズ”をコンセプトとし、上品で優雅な食事の時間を提供いたします。船体は、ホワイト×ブラックのスタイリッシュなツートーンカラー。大阪市の経済の中心地である中之島エリアの、若松浜公園船着場を発着場所とし、昼は街の喧騒を感じさせない優雅なクルーズを、夜はビジネス街や繁華街の光を遠めに眺めながらのナイトクルーズを、本格レストランが提供する料理と共に愉しむことができます。エクステリアからインテリアまで、パーティーシーンに最適なデザインを採用しております。船内では、本格イタリアンを愉しむことができ、次の通りリバークルーズとしては最先端の設備を備えております。

【設備特徴】
・パーティーシーンからビジネスシーンまで欠かせない55インチの大型モニター
・開放的なプライベート空間を盛り上げる最新鋭のカラオケ機器
・細部までこだわったBOSE社製の最新スピーカー
・安心してご利用いただける男女別のトイレの設置
・VOLVO社製の最新エンジンによる安定感のある運航
・デッキ部分には、心地良い風を感じられる大型のソファを設置

 

料理は、当社が運営する中之島 LOVE CENTRAL内のイタリアンレストランsumile OSAKAのシェフが腕を奮う料理をお召し上がりいただけます。sumile OSAKAのキッチンと連動し、船内に設置のキッチンで仕上げる料理は、船上でありながら本格的なコース料理です。そして、ソムリエが厳選したワインリストをお愉しみいただけるプランもご用意いたします。

 

近年のリバークルーズは、花見の時季には1年の内で最も多くの需要が発生し、大阪における春の代表的なイベントとして根付いてきた“桜クルーズ”との連動、花見と宴会を目的としたお客様からより多くご利用いただく為に、同時季の就航を決めました。リバークルーズ市場の拡大、ひいては水都大阪の発展に繋げたいという思いから、前回の新船就航(12月:陽雅)からわずか4ヶ月という短期間での新船就航に至りました。2018年2月1日より一般予約の受付を開始いたします。