NEWS
2017.12.13
大阪屋形船

「陽雅」を就航いたしました。

カトープレジャーグループ(大阪屋形船株式会社、所在地:大阪市北区、代表取締役 兼 CEO:加藤友康)は、大阪屋形船としては4隻目となる「陽雅(ようが)」を2017年12月13日に就航いたしました。

 

陽雅は、大阪で運航する屋形船としては最も大型の着座55名までの乗船が可能な船舶です。外観は、屋形船らしい白の提灯が飾られている一方、大阪の屋形船としては類を見ないスタイリッシュな黒の船体で、その目新しいコントラストは大阪の水辺の人々の目を引きます。広々とした船内には、65インチの大型モニター、本格的な音響照明設備、LIVE映像が愉しめるカラオケ設備など、充実の設備を取り揃えております。
お料理は本格会席料理となり、屋形船の料理として定番と呼ばれる天扶良や寿司だけではなく、炉端焼きや、釜で炊き上げる鯛めしなど、出来立てを召し上がっていただくことにもこだわっており、旬の素材を生かした鍋料理など、季節の料理もご用意しております。

 

カトープレジャーグループが運営する舟運事業ブランド「KPG RIVER CRUISE」では、洋船3隻(GRACEⅠ、GRACE 522、GRACE GARDEN)、屋形船3隻(雅流、雅遊、水雅)に続き7隻目の就航となります。
本事業を通じて「水都」と呼ばれる大阪の水上ににぎわいを創出し、水都大阪の発展に寄与できるよう取り組んでまいります。